トイレの水漏れ

トイレ水漏れがおこると、トイレタンクに水が貯まらないトイレの床が漏れている水がきちんと止まらないなどのトラブルになってしまいます。
ここでは、トイレ水漏れでよくあるトラブル〜その解消法を紹介しています。

トイレの水漏れの主な原因

いざトラブルが起きると、緊急を要するトイレの水漏れ。 使う水の量が多い場所だけに、一度漏れ始めると水道料金は跳ね上がり、マンションやアパートの場合、下層の人にまで迷惑をかけてしまう事態にもなりかねません。
トイレの水漏れトラブル事例
  • ウォシュレットの水漏れ
  • トイレタンクから水漏れ
  • トイレの床の水漏れ
  • パイプの接続部分からの水漏れ
  • 水がきちんと止まらない
  • チョロチョロと音がする
  • トイレの床が濡れている
トイレの水漏れの主な原因 トイレの水漏れの解消方法

トイレの水漏れの主な原因

トイレの水漏れトラブルは、各部位の接合箇所にあるナットの緩みやパッキンの劣化などの他、トイレタンク内の異常、ウォシュレットの故障などが原因で引き起こります。

トイレの水漏れを起こしやすい箇所

トイレタンクからの水漏れ
トイレタンクの水漏れは、大きく分けて二通りあります。
ひとつは、トイレタンクとパイプとの接合部分や水道栓とタンクとの接合部分からの水漏れです。
この場合はトイレの床が濡れるので、比較的すぐにトラブルに気付きます。
もうひとつは、トイレタンク内の部位やパーツの異常によって、水が確実に止まらないケースです。
この場合は、少量とはいえ水がいつまでも便器に漏れ続けるため、トイレタンク内に十分な水が貯まらず、流せる水量も少なくなってしまいます。そのため、トイレの使用にも支障を来たしたり、トイレのつまりの原因にもなります。
ウォシュレットから水漏れ
ウォシュレットは細かなパーツを組み合わせて作られています。
パーツの接合部分やノズル部分などの経年劣化によって、水漏れするケースがあります。
ノズルなどの細かいバーツに汚れがたまり、その汚れが原因でパッキンが脆くなるなど、やがて水漏れにつながります。
ウォシュレットからの水漏れを発見した場合は、ウォシュレット本体を外して、細部をくまなくチェックしてみましょう。
※取り外す際は、まず最初に水道の栓を締めてください。
便器の水漏れ
便器の水漏れでよくあるのは、トイレタンクと便器の接合部分からの水漏れ(便器を伝って水が流れ出ます)。
または、便器自体からの水漏れです。
トイレタンクと便器の接合部分からの場合、接合部分のナルトの緩みやパッキンなどを交換すれば水漏れが治まることがほとんどです。比較的軽い症状と言えます。
便器事態から水が漏れている場合は、便器にヒビが入っていることが考えられます。ヒビが入る原因は、衝撃や経年劣化など様々です。
箇所の特定のためには、まず、便器をタオルなどでよく拭いてください。
指で触りながらじっくりチェックすると、何らかのヒビやキズが見つけられることがあります。
便器のまわりもよくチェックしてみてください。
パイプやタンクのヒビ割れが原因で、"便器が水漏れしているように見える"こともあります。
トイレの床の水漏れ
トイレの床の水漏れには、いくつかの理由が考えられ、原因をつきとめる必要があります。
乾いたタオルを一晩床に敷いておくことで、どのあたりが特にぬれているのか等から、原因箇所を見つけやすくなります。
便器やトイレタンクの結露
便器やトイレタンクの結露が水滴となって、床に落ちてぬれるケースです。
結露は湿気や気温の変化が原因です。トイレのドアをしっかり締める、換気扇を回し続ける、などで、トイレの気温を上がり過ぎないようにすることが改善されます。
トイレタンク内や給水・排水管の接合部分からの水漏れ
トイレタンク内や接合部分で水漏れが起きて、その水滴が便器などをつたって床に落ちるケースです。
この場合はトラブル箇所のパッキン交換やナルトの締め直しなどで解決できます。
ウォシュレットからの水漏れ
ウォシュレット本体のパーツや接合部分から水漏れを起こして床に落ちるケースです。
この場合も、パーツの交換やボルトやネジの締め直しなどで水漏れが止まることがありますが、最近のウォシュレットは、複雑な仕様となっている場合も多いので、無理をせず業者に依頼することも検討しましょう。

トイレの水漏れの解消方法

トイレの水漏れが発生した場合は、パニックになる前に、まずは水漏れ箇所を特定しましょう。
水漏れの多くは、便器やトイレタンクの結露、トイレタンク内や給水・排水管の接合部分、ウォシュレットから起こります。

手順1:まずは止水栓を締める!
トイレの水漏れが発生した場合、もっとも簡単な対処方法は“水道の元栓(止水栓を止めること”。
元を締めれば少なくとも被害は最小限に抑えられます。ただし、トイレは使用できません…。
手順2:トイレタンクまわりをチェック!
トイレの水漏れでいちばん多い箇所はトイレタンクです。
トイレタンク自体とその外側・内側をくまなくチェックし、どの部分で水漏れが起きているかを突き止めてください。
トイレタンク内のパーツが正常に機能していないことが原因、ということも多々あります。
タンク内は意外とシンプルな構造のため、何かの拍子でパーツがズレていても元の位置に戻せばOK。
劣化したパッキンなどは、ホームセンターで買える汎用パッキンに取り替えることで機能が回復することもあります。
手順3:ウォシュレットをチェック!
今やトイレの必須家電となっているウォシュレットですが、水漏れの原因になることも多いようです。
細かいパーツが多く、それらの接合部分などから水がしみ出るなどが原因です。
トイレタンク同様、パッキンなどは一般的に売られているものと交換できる場合もありますが、安易に修理しようとすると返って悪化させてしまう場合がありますので注意が必要です。
また、漏れた水がコードなどにかかって火災などの事故に発展する可能性もあります。
手順4:便器まわりをチェック!
トイレタンクと便器の接合部分や、便器にヒビが入って便器自体から水漏れしているケースもあります。
トイレタンクと便器の接合部分からの水漏れの場合、接合部分のナルトの緩みやパッキンなどを交換すれば水漏れが治まることがほとんどです。
便器にヒビが入って、便器自体から水漏れしている場合は、便器の交換が必要になる場合もあります。
この場合は、専門家に見てもらう事が必須です。すぐに業者に依頼することが必要です。