真空ポンプについて

真空ポンプとは、真空を作るためのポンプです。
トイレの排水口に吸入カップを塞ぐようにかぶせハンドルを一気に引き真空を利用します。
値段はピンきりですが、プロ仕様のラバーカップとも言えるツールです。
実際に高いものになると業者も使用しています。
ラバーカップのように排水口に吸盤を押し当て、取っ手を引っ張るタイプがお値段的にも一般的です。
ここでは真空ポンプの種類やどこで販売されているか、価格帯、使い方などを紹介していきます。
真空ポンプのことを知っておくと、いざというときに焦らず対応できます。

価格はピンきりです

真空ポンプの種類について

真空ポンプの種類は様々ですが、家庭用とプロ用と分かれています。
吸引量の違いで値段も変わります。
吸引部分の形も様々ですが、和風便器・洋風便器・排水口のサイズによって慎重に選びましょう。
家庭用の真空ポンプは大型の水鉄砲のようなものです。
便器の排水口にピタリとフィットすれば水がなくても効果があります。
しかし、水がある便器ですのでフィットしない場合が多いので、一般的にはラバーカップと同じように使用します。
ホームセンター、通信販売などで販売している。
価格は1,200~数十万円。
家庭用、主な価格帯は1,500~2,500円。

ラバーカップを使用する前の準備と同じです

真空ポンプを使う前に

ラバーカップを使ってもつまりが解消されなく次に真空ポンプを使ってみよう!という方は、この準備はOKのはず!

作業を始める前に気をつけることがあります。
便器の水面近くまで水位がある状態で、真空ポンプを使用するとタンクの排水弁が開いてタンクの水がさらに流れ込み、汚水がトイレの床に溢れることがありますのでご注意ください。

それに備えて、
1.トイレの床にあるトイレマット、スリッパ、トイレットペーパー、掃除用具、各種消臭剤等は一旦トイレから避難させましょう。
できれば、長靴や運動靴など汚れもてもすぐに洗えるものを履いて作業しましょう。
2.汚水などで汚さないよう、トイレの床に新聞紙を敷きます。
3.作業中、汚水が飛びハネる場合もあるので大きな透明ビニール袋を数枚用意し、その一枚を切り広げ平面にし中央に穴を開け真空ポンプを差し込みましょう。
汚水のハネをある程度防げます。

準備ができたら作業開始です。

ハンドルを押すときは水から出してゆっくりと

真空ポンプの上手な使い方

真空ポンプは使ったことがないという方。
コツはハンドルと押すときは水から出してゆっくりとです。

1.トイレの排水口の形に合った真空ポンプで排水口を塞ぐようにかぶせる。
トイレに溜まっている水が少ない場合は、排水口を塞いだ吸引カップが水に浸かるまで水を入れる。
2.排水口にカップを密着させ押し付けて、ハンドルを勢い良く引きます。
吸引力が強いので詰まったものがゴボっと逆流する事もあります。
3.一度でつまりが直らない場合は何度か繰り返してください。
ハンドルを押す時、水の中でそのまま押すと水が跳ね返るので必ず水からだしてゆっくりとハンドルを押してください。
4.つまりが解消できたようなら、バケツで水を流しスムーズに流れるか確認をする。
この時いきなりタンクの水や大量の水を流すと、つまりが取れていない場合便器から水があふれる恐れがあるのでご注意ください。
必ずバケツなどで少しずつ水を流し、スムーズに流れるのを確かめてからハンドルをまわすようにしましょう。

真空ポンプについて:あとがき

真空ポンプの値段もピンきりなので使い勝手の良さそうなものを選んでください。
ラバーカップでつまりの解消ができなかった場合は真空ポンプを試してみるのも一つの手です。
やり方やコツはラバーカップと似ています。
何度か試してみてもつまりが解消されない場合は、業者へ依頼しましょう。