ラバーカップについて

ラバーカップとは清掃用具の一つで、トイレの排水口、お風呂場、台所の流し台などの排水管のつまりを直すための器具です。
一般的には、棒の先にゴム(ラバー)でできた半球状のカップが付いています。
ここではラバーカップの種類やどこで販売されているか、価格帯、使い方などを紹介していきます。
ラバーカップのことを知っておくと、いざというときに焦らず対応できます。
使い方を間違えると、被害が大きくなりかねないラバーカップのことを詳しく知っておきましょう。

和風便器・浴槽排水口・洗面ボウルなどに

カップが半球状のラバーカップ

通常のカップ型のラバーカップです。
カップが半球状になっており、和風便器・浴槽排水口・洗面ボウルなどカップが密着する平面が複雑でないものに使用します。
ホームセンターやドラッグストア、100円均一などで販売している。
価格は100円~2,000円。
主な価格帯は900円~1,300円。

http://www.teramoto.co.jp/pages/rubber_cup/rcs2.jpg
左2本のラバーカップ

洋式便器に

カップの底に出っ張りのあるラバーカップ

通常のカップ型の底に出っ張りのあるラバーカップです。
半球状のカップの底に出っ張りがあり、大と小に分かれており、和式便器・洋式便器に使用します。
一般的な洋式便器は水の流れる部分が複雑な形になっているため、カップ型では完全にシールドできず、カップの底に出っ張りのあるラバーカップが適している。
排水口のサイズで大か小どちらを使用するか決めてください。
ホームセンターやドラッグストアなどで販売している。
価格は600円~2,000円。
主な価格帯は900円~1,600円。

http://www.teramoto.co.jp/pages/rubber_cup/rcs2.jpg
中央2本のラバーカップ

複雑な構造の節水型便器に

カップにツバのついたラバーカップ

通常のカップ型にツバが付いているラバーカップです。
半球状のカップにツバが付いており排水口にカップがしっかりとかぶさります。
ラバーカップは排水口に押し付けた後に引き上げる時の吸引力でつまりを解消します。
節水型便器の複雑な形状の排水口に対応するため、より密着性を高めるツバが必要となります。
ホームセンターやドラッグストアなどで販売している。
価格は1,000円~2,000円。
主な価格帯は1,200円~1,600円。

http://www.teramoto.co.jp/pages/rubber_cup/rcs2.jpg
右のラバーカップ

必ず準備してください!

ラバーカップを使う前に

作業を始める前に気をつけることがあります。
便器の水面近くまで水位がある状態で、ラバーカップを使用するとタンクの排水弁が開いてタンクの水がさらに流れ込み、汚水がトイレの床に溢れることがありますのでご注意ください。

それに備えて、
1.トイレの床にあるトイレマット、スリッパ、トイレットペーパー、掃除用具、各種消臭剤等は一旦トイレから避難させましょう。
できれば、長靴や運動靴など汚れもてもすぐに洗えるものを履いて作業しましょう。
2.汚水などで汚さないよう、トイレの床に新聞紙を敷きます。
3.作業中、汚水が飛びハネる場合もあるので大きな透明ビニール袋を数枚用意し、その一枚を切り広げ平面にし中央に穴を開けラバーカップを差し込みましょう。
汚水のハネをある程度防げます。

準備ができたら作業開始です。

コツは静かに押してぐっと引く

ラバーカップの上手な使い方

使い方がイマイチわからないラバーカップ。
使い方を間違えると、大惨事に…なんてことが起きないためにもしっかり使い方をお教えします。
コツは静かに押して力を入れてぐっと引くです。

1.トイレの排水口の形に合ったラバーカップを排水口を塞ぐようにかぶせる。
トイレに溜まっている水が少ない場合は、排水口を塞いだラバーカップが水に浸かるまで水を入れる。
2.排水口にカップを密着させ、静かに押し付ける。
この時、カップはへこんでいる状態。
3.力を入れて柄をぐっと引き抜く。
この時、引く動作が大きすぎると水の跳ね返りがあるのでご注意ください。
4.2と3の動作を数回繰り返す。
5.つまりが解消できたようなら、バケツで水を流しスムーズに流れるか確認をする。
この時いきなりタンクの水や大量の水を流すと、つまりが取れていない場合便器から水があふれる恐れがあるのでご注意ください。
必ずバケツなどで少しずつ水を流し、スムーズに流れるのを確かめてからハンドルをまわすようにしましょう。


ラバー(ゴムの部分)が硬いと便器に密着せず空気が漏れすぎて使い物にならない場合があります。(100均などで売っているものは硬いものが多い)
ラバーがどちらかというと軟らか目のラバーカップを選びましょう。

ラバーカップについて:あとがき

ラバーカップの使い方は、押す時より引くところがポイントです。
使い方を間違えると、被害が大きくなりかねないラバーカップ。
便器の形に合うラバーカップを正しく使いトイレのつまりを解消させましょう。
何度やってもつまりが取れない場合は、意地にならず業者へ依頼しましょう。