高圧洗浄機について

高圧洗浄機はトイレのつまり解消よりも、車や窓、外壁の洗浄などによく用いられています。
注意点が多い高圧洗浄機は固形物などの異物をつまらせた場合に、この方法をとるとトイレのつまりは解消されても、下水管などをつまらせる等、より大きな問題になりかねません。
ここでは高圧洗浄機の種類やどこで販売されているか、価格帯、使い方などを紹介していきます。
トイレのつまりには使い方を間違えると、被害が大きくなりかねない高圧洗浄機のことを詳しく知っておきましょう。

定期的に使うなら品質で選びましょう

高圧洗浄機の種類について

高圧洗浄機には家庭用とプロ用があります。
圧力や水量の違い、耐久性などに差があります。
価格はピンきりですが、近頃は安くていい商品も出てきています。
トイレのつまり解消で使う場合は、別途パイプクリーニング用のホースが必要です。
用途はトイレのつまり解消だけでなく、車や窓、外壁の洗浄と様々です。
定期的にトイレの洗浄として高圧洗浄機を使用すると、驚くほどのサビや水垢が出てきます。
ホームセンター、通信販売などで販売している。
価格は10,000円~数十万円。
主な価格帯は15,000~30,000円。

決め手は使用頻度

プロ用と家庭用高圧洗浄機の違い

家庭用高圧洗浄機製品や部品がすぐ壊れる
使用時間が短い
圧力・水量が低い
価格が安い
モーターが小さいの高音になりでうるさく聞こえる
軽いプロ用高圧洗浄機
製品や部品が頑丈
耐久性がある
使用時間が長い
圧力・水量が高い
価格が高い
モーターが大きいので音が低音になり静かに聞こえる
重い

家庭用高圧洗浄機を使用していたが、壊れたので耐久性のあるプロ用に買い換えたという話はよく聞きます。
使用頻度や使用時間によって、家庭用かプロ用を選ぶといいでしょう。
プロ用高圧洗浄機は、故障した場合でも交換部品の種類が多く、修理費は本体価格に比べやすくなる場合もあります。

ラバーカップを使用する前の準備と同じです

高圧洗浄機を使う前に

作業を始める前に気をつけることがあります。
高圧洗浄機はラバーカップや真空ポンプと違いつまりの原因を押し出します。
つまりの原因が固形物の場合は、高圧洗浄機を使用しないでください。


1.トイレの床にあるトイレマット、スリッパ、トイレットペーパー、掃除用具、各種消臭剤等は一旦トイレから避難させましょう。
できれば、長靴や運動靴など汚れもてもすぐに洗えるものを履いて作業しましょう。
2.汚水などで汚さないよう、トイレの床に新聞紙を敷きます。
3.作業中、汚水が飛びハネる場合もあるので大きな透明ビニール袋を数枚用意し、その一枚を切り広げ平面にし中央に穴を開け高圧洗浄機のホースを差し込みましょう。
汚水のハネをある程度防げます。

準備ができたら作業開始です。

コツは狙いを定めて噴射!

高圧洗浄機の上手な使い方

高圧洗浄機の特徴は、ラバーカップや真空ポンプと違いつまりの原因を押し出します。
コツは狙いを定めて噴射させゆっくりと押し進めてください。

1.トイレに汚水が溜まって排水口が見えない場合は、バケツなどで取り除いてください。
2.袋の穴からホースを通し袋を便器にテープで止めます。
3.ホースを便器の曲がり角まで進めたら、狙いを定めて噴射します。
この時、逆噴射した水が飛び散ることがありますので注意してください。
4.つまりが解消できたようなら、バケツで水を流しスムーズに流れるか確認をする。
この時いきなりタンクの水や大量の水を流すと、つまりが取れていない場合便器から水があふれる恐れがあるのでご注意ください。
必ずバケツなどで少しずつ水を流し、スムーズに流れるのを確かめてからハンドルをまわすようにしましょう。


高圧洗浄機には非常に強力な推進力があるので、固形物を下水管に流しつまらせた場合は膨大な費用がかかりますので、ご注意ください。

高圧洗浄機について:あとがき

高圧洗浄機はラバーカップや真空ポンプと違い、つまりの原因を押しこむことで解消させる方法なので、固形物がつまりの原因の場合は絶対に行わないでください。
高圧洗浄機でつまりが解消させない場合は、業者へ依頼しましょう。