トイレのつまり

トイレつまりがおこると、水を流すとあふれる水を流そうと思ったら水が出ない水を流すときに異音がするなどのトラブルになってしまいます。
ここでは、トイレつまりでよくあるトラブル〜その解消法を紹介しています。

トイレのつまりでよくあるトラブル

トイレは日常生活で頻繁に使用されます。そのため、詰まりのトラブルも起こりやすいものです。
水洗トイレでトイレが詰まったときほど困ることはありません。
トイレが使えなくなるばかりではなく、汚水がトイレ中にあふれる事態にもなりかねません。

トイレのつまりトラブル事例
  • 水を流すとあふれる
  • 水を流そうと思ったら水が出ない
  • 水に溶けないものを落とした・流した
  • タンク内に水がたまらない
  • 便器内の水の量が一定でない
  • 水を流すときに異音がする
トイレのつまりの主な原因 トイレのつまりの解消方法

トイレのつまりの主な原因

トイレのつまりトラブルは、”つまりやすい箇所”(せきや排水口の手前)に異物や多量のトイレットペーパー、排泄物がつまり引き起こされます。
また、最近流行の節水トイレは、もともと水量がすくないため、従来よりつまりやすくなっているのも事実です。

トイレのつまりを引き起こす要因

大小レバーの引き間違い
大に回さなくてはいけないところを小に回してしまうと、十分な水量が流れず、せきや排水口の手前にトイレットペーパーや排泄物がつまることがあります。
一旦詰まってしまうと流れにくくなってしまうため、大に回しても詰まったままということがよくあります。
トイレタンクのペットボトル
節水アイデアとして「タンクの中にペットボトルを沈める」という方法をされている方がよくおられますが、こちらも十分な水量が流れずつまりの原因となるだけではなく、チェーン部分がひっかかって水が止まらなくなってしまったり、その他タンクの不具合や故障、水の逆流などの原因になったりもします。
多量のトイレットペーパー
もちろん、トイレットペーパーはすみやかに水に溶けるようにつくられています。
ですが、一度にたくさんの量を流してしまうと、トイレットペーパーであっても溶けきらず、つまりの原因になります。
トイレットペーパーの使用は適量をこころがけることが大切です。
落とした異物
異物をうっかり落としてしまったときは、必ず拾うようにしてください。
小さな物や大切な物でない場合、つい拾うことを嫌がって流してしまうことがありますが、つまりの原因になる以外にも、便器を傷つけてしまったりするなど、後々、問題が大きくなることがあります。
排管にこびりついた尿石
尿中の尿石が一旦便器や排水管に付着するとブラシでこすったり、水で流す程度では落ちません。
築年数(使用年数)が古い場合など、こびりついた尿石が管内を狭くし、つまりの原因となります。
状況が悪化すると、高圧洗浄でも落としきることが出来ません。

トイレのつまりの解消方法

自分自身でトイレのつまりトラブルを解消出来れば、余計な出費を抑えるだけでなくもっとも迅速な解決ができます。
多くの場合はラバーカップ(スッポン)を使った対処で回復させることが出来ますが、そうでない場合は深刻な問題が発生していることもあります。
あまり無理をせず、すぐに業者に依頼することも検討しましょう。

ラバーカップ(スッポン)
別名スッポンとも呼ばれる、ラバーカップ。
ホームセンターやスーパーマーケットなどで販売されています。
棒の先端にお椀のような形状のゴムが付いています。
真空ポンプ
値段はピンきりですが、プロ仕様のラバーカップとも言えるツールです。
実際に高いものになるとプロも使用しています。
ラバーカップのように排水口に押し当てて使用します。
ワイヤーブラシ
下水管や台所の排水管のつまり等にも用いられる、ワイヤーの長さが1m前後〜5m以上のものまであります。 手元にストッパーがついており、手で送り出すタイプ、ハンドル式でクルクル回して抜き差しするタイプなどがあります。
高圧洗浄機
トイレの詰まり解消よりも、車や窓、外壁の洗浄などによく用いられます。
固形物などの異物をつまらせた場合に、この方法をとるとトイレのつまりは解消されても、下水管などをつまらせる等、より大きな問題になりかねません。注意が必要です。