トラブルの原因に!やってはいけない水回りNG行為とは?

水漏れや詰まりといったトラブルが起きてしまうのは、なぜなのでしょうか?
それは、普段からトラブルの原因になってしまうことをしているからなのです。
意外とやってしまいがちな、水回りのNG行為とはどのようなものなのでしょうか?

キッチンシンクに油やごみを流すのはNG!

キッチンのシンクが詰まる原因のほとんどは、油やごみを流すことです。
油やごみを一度に大量に流さなくても、少しずつ流したものが徐々にたまっていき、詰まってしまうのです。
でも、全く油やごみを流さないというのは、無理な話ですよね。
どうしても、少しずつ流れてしまうものです。
それでも、少しでも流さないようにするために、フライパンなどの油はあらかじめふき取ってから洗う、排水溝にネットをつけてゴミが流れることを防ぐ、などの対策が必要です。
毎日のことですから、こまめに油をふき取ったりネットをつけたりするのを、するのとしないのとでは大きく変わってきます。
また、油をふき取ってから洗うことで、汚れが落ちやすくなりますし、水や洗剤の節約にもなります。
さらに、海や川を汚さず環境に配慮することにもなりますから、一石三鳥の効果ですね。
洗い物をする際は、ぜひ、気を付けてみてくださいね。

トイレに熱湯もダメです!

キッチンに熱湯はダメですが、実は、トイレにも熱湯を流してはいけません。
しつこい汚れを落とすために、熱湯を流す人も中に入るかもしれませんが、NGです。

なぜダメかと言うと、熱湯を流すと便器が割れてしまうからです。
便器にひび割れができると、そこから水が漏れてしまいます。

キッチンシンクにもトイレにも、熱湯を流すのはやめましょう。

トイレは意外と詰まりやすい

トイレの水回りトラブルとしてやっかいなのが、詰まりですよね。
トイレを詰まらす原因になるのは、次のようなものだと思います。


    ・トイレットペーパー
    ・トイレで流せるトイレクリーナー
    ・トイレで流せるペット用の砂
    ・ポケットなどからうっかり落ちた、メガネや携帯電話など

注意すべきなのは、「トイレで流せる」とうたっている商品でも、流しすぎれば詰まるということです。
そのような商品は注意書きをよく見ると「トイレに流す際は、一枚ずつ流してください。」と書いてあるはずです。
トイレットペーパーですら、一度に大量に流すと詰まります。
ですから、トイレの水を流す際には、一度に大量のトイレットペーパーやトイレクリーナーを流さないようにしましょう。
また、もし、メガネや携帯電話などをトイレに流してしまったら、それ以上水を流さずにラバーカップで詰まったものを取るか、業者にまかせましょう。


水回りトラブルのもとになるNG行為について見てきましたが、意外とやってしまっていたのではないでしょうか?
自分の家の水回りを守るためにも、気を付けてくださいね。