まずは大家さん・管理会社へ連絡!

賃貸住宅でのトイレの水漏れは誰の責任?

賃貸住宅での水漏れトラブルはいろいろと厄介です。
中でも、トイレの水漏れトラブルは厄介なものです。
なぜなら、だいたいの大家さんや管理会社は「トイレは専有部分だ」と主張するからです。
これは何を意味するかというと、他の住民たちも共用で使う「共用部分」とは違い、専有部分とはその住民の責任範囲だということです。
つまり、トイレで水漏れが起きたらその住人の責任範囲だから、「自分で責任を取れ」と言っているのです。

確かに、トイレは部屋の中にあるので専有部分かもしれませんが、責任の有無は水漏れの原因によるはずなのです。
ですから、トイレの水漏れが起きて大家さんや管理会社に連絡したら、「トイレは専有部分だ」などと言われてもあきらめてはいけません。
大家さんや管理会社が補償すべきケースもありますから、しっかりと交渉しましょう。

経年劣化か使用不備かで責任の所在が変わる

では、どのようなケースなら住人の責任で、大家さんや管理会社の責任になるのはどのようなケースなのでしょうか?
例えば、大量のトイレットペーパーやメガネなどをトイレに流した場合は、住人の「使用不備」が原因なので住人の責任になります。
しかし、普通の頻度で普通にトイレを使用していて水漏れが起きたのなら、その原因は「経年劣化」で大家さんまたは管理会社の責任となります。

例えば、よくあるのがパッキンの劣化による水漏れです。
パッキンは普通20年使用しても耐えられるものです。
故意にパッキンを傷つけない限り、住人が普通に使っていれば水漏れするはずはありません。
パッキンの劣化による水漏れは、大家さんや管理会社の責任になるのです。

まずは大家さん・管理会社へ連絡を

トイレの水漏れを発見したら、止水栓を閉めてから迷わず大家さんか管理会社に連絡しましょう。
トイレの水漏れの原因のほとんどが「パッキンの劣化」です。
ホームセンターなどに行けば替えのパッキンは1000円位で簡単に手に入りますし、修理も簡単です。
しかし、住人が勝手に修理したことで、後々問題にならないとは言えません。
ですから、少々の水漏れで自分で修理できる範囲でも、必ず大家さんか管理会社に連絡することです。
後でトラブルになることを考えれば、面倒でも連絡するのが一番楽な方法なのです。
大家さんや管理会社に相談して、業者を呼んで対応してもらいましょう。

賃貸住宅に住んでいると様々なトラブルが起こりがちです。
ですから、いざという時のために、大家さんや管理会社の連絡先がすぐにわかるようにしておきましょう。
フレンドリーな大家さんだったら、日ごろから仲良くしておくとトラブルが起こったときにも親身になってくれるかもしれませんね。

ここから漏れていたら至急修理を!止水栓は要チェック

トイレの水漏れではトイレの止水栓のあたりから水が漏れていたら要注意です。
トイレのタンクより先で漏れている場合はそのままトイレに流れますから問題はありませんが、トイレの止水栓のあたりから漏れると床に漏れ出して、下の階にも影響を与えてかねません。
下の階に水が漏れてしまうと、損害賠償などといった面倒なことになってしまいます。

止水栓のあたりから水が漏れていた場合は、まずは止水栓の下にバケツや雑巾などを置いて水びたしになるのを防いでから、止水栓を止めましょう。
あまりきつく締めすぎると管が折れることがありますし、緩すぎると水が漏れてしまうので気を付けながら閉めます。
これはあくまで応急処置なので処置が終わったら大家か管理会社を呼び、最終的には業者に連絡して修理してもらう必要があります。
くれぐれも、自分で対処することはやめましょう。