意外!キッチン排水溝の詰まりの原因はほとんどが「酸性石鹸」!

集合住宅での水道トラブル対処法

集合住宅で水漏れが発生したら・・・どうすれば良いのでしょうか?
水漏れが発生するとほとんどの場合パニックになってしまうと思いますが、ここは冷静に対処しましょう。
自分の家の水道が原因で水漏れが起こっている場合は、水道の元栓を閉めれば水漏れは収まります。ですから、まずは水道の元栓を閉めます。
ところが、上階の水漏れが原因だった場合は、どうすることもできません。
とりあえず、貴重品を避難させましょう。
応急的な対処が終わったら、大家さんか管理会社へ連絡します。
こういう時のために、大家さんや管理会社の連絡先はすぐにわかるようにしておくと便利です。

実は、集合住宅の水道トラブルは意外と厄介なのです。

例えば、上の階の住人の不注意が原因で風呂に水の止め忘れなどで水漏れが起きた場合、水漏れでダメになった家財を弁償してもらう必要があります。これは意外と厄介です。
住人同士で話し合うと言った言わないの話になってこじれることが多いので、住人だけで話し合わずになるべく第三者に入ってもらいましょう。
大家さんや管理会社を挟むようにするのが、無難です。
アパートやマンションだと住人に損害保険の加入が義務付けられていますから、保険会社に確認すると良いでしょう。

住人の不注意が原因ではなく建物の配管が原因の水漏れだった場合は、大家さんや管理組合が補償してくれます。
例えば、水道管や下水管が腐食や劣化などで水漏れが起きる場合がありますが、この場合は住人に責任はありません。
また、配管には部屋の中にある住人専用の「専有部分」と、アパートやマンションの「共用部分」に分かれます。
どちらの部分が原因で水漏れが起きたかによって、誰が補償するのかが変わってくるので、そういった意味でも集合住宅の水漏れトラブルは難しいと言えるでしょう。

水漏れが起きるととても高い水道料金が請求されることがあります。

たくさんの水を流しっぱなしにしてしまったので当然と言えば当然ですが、こちらに不注意が無いのに高い水道代を払うのはおかしいですよね。
でも、安心して下さい。
こちらに不注意が無い場合、一度は払った水道料金が戻ってくることがあります。

水道局に事情を説明すれば、水道料金が戻ってくるケースもあります。
また、配管の腐食や劣化などが原因だった場合は、大家さんや管理組合が代わりにその水道代を払ってくれることもあります。
ですから、自分に責任が無いのに高すぎる水道代を払わされた場合は、必ず水道局や大家さん、管理会社にその旨を説明するようにしてください。

戸数の多い集合住宅、新しい集合住宅の水道元栓場所

水道トラブルが起きたら、まずは水道の元栓を閉める必要があります。
でも、水道の元栓がどこにあるのかなんて、普通は知りませんよね。
いつ水道トラブルが起きても大丈夫なように、水道の元栓の場所を把握しておきましょう。

水道の元栓の場所は、集合住宅のタイプによって異なります。
戸数の多い高層階マンションのような集合住宅や新しい集合住宅の場合は、外の廊下の玄関の横などにある箱を開けてみましょう。
パイプシャフトの中に水道メーターがあり、その手前にある止水栓を右に回すと閉まります。

戸数の少ない集合住宅、古い集合住宅等の水道元栓場所

2階建てのアパートなどのような戸数の少ない集合住宅や古い集合住宅の場合は、建物の裏手などの地面にずらっとメーターボックスが埋め込まれています。
メーターボックスの蓋を開けると、部屋番号が書いてあります。
自分の部屋番号が書いてあることをしっかり確認して、止水栓を閉めてください。
くれぐれも、他の部屋の止水栓を閉めないように気を付けましょう。