意外に多い水回りのトラブル。その対策やら傾向やら。

酸性石鹸で詰まるキッチンの排水溝

いつも食器を洗う時に、キッチンの排水溝にネットをつけたり油をふき取ったりして極力汚れをシンクに流さないようにしているのに、なぜかキッチンの排水溝が詰まる…そんな経験をした人も多いのではないでしょうか?

キッチン排水溝の詰まりの原因、それは、「酸性石鹸」であることがほとんどです。
「酸性石鹸」なんて聞いたことが無い!という人がほとんどだと思います。
「酸性石鹸」とは「石鹸カス」と呼ばれることもある洗剤と油が結合して発生するもので、粘着性のある灰色の塊です。
毎日の油汚れが溜まりに溜まってできたものですから、かなり強烈な匂いがします。
洗浄成分であるアルカリ性が足らないという意味で、「酸性石鹸」と呼ばれています。
油や汚れをふいているつもりでも、毎日の食器洗いで少しずつたまった酸性石鹸によって排水溝がドロドロの状態になり、詰まってしまうのです。

まずは試そう「ラバーカップ」

原因がわかったところで、キッチン排水溝の詰まりの解消方法について考えてみましょう。
まずは、「ラバーカップ」です。「スッポン」とも呼ばれるアレです。
もちろん、衛生上の問題がありますから、トイレのラバーカップとは分けましょう。

ラバーカップの使い方です。
  1. 排水溝に密着させてラバーカップを垂直にかぶせて穴をふさぐ
  2. カップ部分が隠れるくらい水を入れる
  3. カップ部分を穴に密着させたまま、ゆっくり押したり引いたりする
  4. 押したり引いたりを数回繰り返す

ラバーカップを押したり引いたりする際には、押すときにゆっくり、引くときに勢いよく抜くことがポイントです。
配管の汚れが動いて流れるようになります。
ラバーカップを押したり引いたりするときに水が飛び散るので周りにビニールか何かをひいておくと良いでしょう。

ラバーカップがないときの緊急対処法

では、ラバーカップが家になかった場合は、どうすればいいのでしょうか?
そんな時は、タオルがあれば緊急対処ができます。

  1. タオルを排水溝に入れて栓をし、タオルの端を出しておく
  2. シンクに80度以上のお湯をいっぱいに入れる
  3. タオルを一気に引き抜き、お湯を排水溝に一気に流し込む

熱いお湯によって酸性石鹸が溶けてそのまま流れていき、詰まりが解消されます。
シンクの排水溝の専用の栓がある場合は、分厚いゴム手袋などでお湯の熱さ対策をして栓を抜けばタオルでなくてもできます。
要は、シンクに熱いお湯をたくさん溜めて、一気に流すことができれば良いのです。

ラバーカップで直らないときは「ワイヤー式パイプクリーナー」

それでも詰まりが解消されなかった場合は、「ワイヤー式パイプクリーナー」を使ってみてください。
排水溝からワイヤーを入れ、ゴミをひっかけて取り除くための道具です。
家庭用で安いものなら2000円程度で買うことができます。
ワイヤーが届く範囲しか綺麗にならないのですが、ワイヤーが詰まりに届けば効果はあります。
ワイヤーが届かない範囲に詰まりがあった場合は詰まりを解消することができないので、ご注意ください。

最終手段!それでもダメなら業者に依頼を

どんな方法を試してもダメだった場合は、業者に依頼しましょう。
特に、排水溝のすぐ下にS字配管があるタイプの場合、そのS字配管が詰まっている可能性もあります。
このS字配管を取り外して汚れを取ることもできますが、素人には難しい作業です。
配管を痛めてしまうこともありますから、素人が下手に手を出さない方が良いでしょう。

注意すべきなのは、賃貸住宅の場合です。
部屋の借主が故意に物を詰まらせたのでなければ、排水管の管理責任は大家にあります。
ですから、自分で業者を呼ぶのではなく、管理会社か大家に連絡して修理をお願いしましょう。
自分の判断で業者を呼ぶと、払わなくてもよい料金を払う羽目になるかもしれません。