台所・キッチンのつまり

台所・キッチンつまりがおこると、シンクに水が溜まり流れないシンクの排水口からの異臭床から水が染み出すなどのトラブルになってしまいます。
ここでは、台所・キッチンつまりでよくあるトラブル〜その解消法を紹介しています。

キッチンのつまりでよくあるトラブル

キッチンのつまりの多くは、油汚れや食材カスに起因するものが多く、シンク下の排水パイプのつまりやトラップのつまり程度でしたら、自分で対応できる場合も多くあります。
業者に依頼する前に、まずは一度ご自身でチェックしてみてください

キッチンのつまりトラブル事例
  • シンクに水が溜まり流れない
  • シンクの排水口からの異臭
  • 床から水が染み出す
  • 「ゴボゴボ」音がする
  • シンクに溜まった排水が少しづつ流れていく
  • シンクの排水口に物を落としてしまった
キッチンのつまりの主な原因 キッチンのつまりの解消方法

キッチンのつまりの主な原因

台所のシンクから排水を流すパイプのつまり、その多くは、「食べ物から出た(油のように粘り気のある)汚れ」が引き起こします。
例えば、揚げ物などに使う食用油、肉や魚の脂です。一度こびりついてしまうとなかなか落ちにくい厄介ものです。
また食材カスや食器用洗剤カスが詰まってしまうこともよくあります。

そして、つまりが起こるのは多くの場合、「トラップ」という場所です。Sトラップとも呼ばれます。
本来、悪臭やネズミ、虫などが上ってくるのを防ぐための水たまりを作っておくために設けられている部位です。
しかし、同時に排水が流れにくくつまりが起きがやすい場所でもあります。

キッチンのつまりを引き起こす要因

排水パイプ内にこびりついた油よごれ
揚げ物などでの調理で使用した油が油汚れとなって、排水パイプにこびりついてくると、排水が流れにくくなってしまいます。
流れにくいままで放置しておくと、そのままトラップへ溜まり込み本格的につまってしまいます。
定期的にパイプクリーナーなどで洗浄することで予防できます。
流し台下のトラップに溜まった油よごれや食材カス
長い間放置していた、油汚れや食材カスが、トラップへ溜まり込むと、本格的につまります。
ただパイプクリーナーを流した程度では解消されない場合も多く、熱めのお湯を流したり、ラバーカップ(スッポン)やワイヤーブラシを併用するなども必要です。
また、異物などの固形物を流してしまった場合は、分解清掃が必要になります。
屋外の排水マスにゴミや汚れが溜まっている。
トラップの分解や排水パイプの清掃してみても、解消されない、原因がわからない場合などは、屋外の排水マスにゴミが溜まっている事もあります。
特に一戸建て住宅では、自分自身でしないかぎり、誰がしてくれるわけでもありません。
アパートなどでも部屋ごとに設置してあると、入居者自身でしなければいけない場合もあるようです。

キッチンのつまりの解消方法

キッチンのつまりは、油汚れや食材カスによるものがほとんどです。
市販のパイプクリーナーや業務用のパイパス、重曹とお酢等を用いて「つまったモノをとかす。」という方法が効果的です。

それでも、つまりが解消されない場合は汚れではなく何か大きな物が配管内に引っかかっている可能性もあります。
この場合は、一度トラップなどを分解して掃除する必要があります。

市販のパイプクリーナーや、重曹とお酢でつまった汚れを溶かす
もっとも一般的なつまりの解消法です。
全て、近所のスーパーやドラッグストア、ホームセンターで簡単に手に入ります。
それぞれ、排水口に流し入れ、しばらくするとつまりが解消されます。
熱めのお湯を流したり、ラバーカップ(スッポン)やワイヤーブラシを併用するなども効果的です。
流し台下のトラップの分解・清掃
市販のパイプクリーナー等、「つまった汚れを溶かす」方法でつまりが解消されなかった場合、何か異物などの固形物が詰まっている事が考えられます。
この場合は、主なつまりの箇所であるトラップの分解・清掃が効果的です。
屋外の排水マスの清掃
大体は台所の丁度真裏等に排水枡の蓋があります。
長年放置していた場合は、硬く固まっている場合もあります。
また、枡に溜まる沈殿物は腐っているのでとても臭います。
作業の際の衣服などには、注意しましょう。