悪徳水道工事業者に騙されないためには?

水道工事などめったにすることではありませんから、どんな業者に頼めばよいのかなんて、まるでわかりませんよね。
まして、突然水漏れが起きたときなど、とりあえず目についた業者に電話してしまいそうです。
しかし、簡単な工事しかしていないのに法外な料金を吹っかけてくるような、悪徳業者というのも中にはいます。
そんな悪徳業者に騙されないようにするためには、どうしたらいいのでしょうか?

まずは元栓を閉めて落ち着こう

悪徳業者がよく使う手は、突然の水漏れにパニックに陥ってしまった状態につけこんで、だますという手です。
落ち着いた状態なら引っかからなくても、慌ててしまっていたため引っかかってしまうというのは、よくあることです。

突然起きた水漏れなどで慌ててしまっている場合、まずは水の元栓を閉めましょう。
水がジャージャー流れた状態だから、慌ててしまうのです。
ひとまず水が止まれば、落ち着いた精神状態に戻ることができます。

くれぐれも、慌てた状態で業者に電話しないようにしてください。

水道局に連絡する

水を止めて落ち着いたら、まずは業者ではなく、あなたがお住まいの地域の水道局に電話してみましょう。
業者には信用できないところがあっても、水道局ならば信用できます。
そして、水漏れなどの状況を説明し、どうしたら良いのかを相談してみましょう。

しかし、夜中や休日に水漏れが起きた場合は、水道局につながらない場合もありますよね。
そんな時は、ホームページなどから「水道局指定」の業者を探して連絡するのも良いと思います。
ただし、「水道局指定」だからと言って、必ずしも信用できる業者だとは限りません。
「水道局指定」という看板を盾に、あくどいことをしている業者もいます。
ですから、ぼったくられないか、手抜き工事をしないかなど、目を光らせておく必要があります。

極端に安い料金の場合はご用心

業者を選ぶ際には、極端に安い料金を提示する業者は用心してください。
小さく「材料費を別途いただきます」などと書かれており、最後に法外な料金を請求してくる業者もあります。
また、やたらと大々的に広告を出している業者は料金が高い可能性がありますので、ご注意ください。

地域密着型の地元の業者がおすすめ

では、どのような業者が良いのでしょうか?
おすすめなのは、地域密着型の地元の業者です。
その土地に根付いて昔からやっている業者は、ほぼ間違いありません。
あまり評判の悪いことばかりしているとその土地で仕事ができなくなるはずです。
信用できる業者だからこそ長く続いているのです。
ですから、昔からやっている地元の業者を選んでおけば、間違いはないのです。

電話した時点で料金について確認する

では、業者を選んだら、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?
電話した時点で料金について確認しておきましょう。現場の状況を見なければ料金を出すことはもちろんできないでしょうが、次のようなことは確認できるはずです。


    ・どのような料金体系なのか?
    ・同じようなケースでの料金相場はいくらか?
    ・夜間・休日料金、出張料金などはかかるのか?

料金体系は、業者によって異なります。
基本料金がいくらでプラス材料費がかかる、または、工事内容によって値段が決まっているなど、料金体系について必ず確認してください。
「蛇口の水漏れなら、だいたい1万円から高くても3万円くらいです。休日料金はかかりません。」などときちんと説明してくれる業者がおすすめです。

作業前に見積もりと作業説明をしてもらう

業者が現場の状況を見た後説明せずに作業を始めたら、必ず作業を止めてください。
作業を始める前に、現場の状況、必要な作業、見積価格について説明がない業者は、信用できません。
「作業をしてしまったので、お金を払ってください」と、法外な料金を請求されてしまうかもしれません。


悪徳業者に騙されないためには、利用者側がきちんと目を光らせなければなりません。
水道工事を依頼する場合は、以上のようなことにご注意ください。