みんなの水道工事失敗談!

水道工事なんて頻繁にやるものではありませんから、必要になったときにどうしたらよいのかわかりませんよね。
知り合いに最近水道工事をしたことがある人がいれば、「どうだった?」と聞くこともできますが、都合良く水道工事をした人が近くにいるとは限りません。
ここでは、意外とよくある水道工事の失敗談をご紹介します。
水道工事に失敗しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

修理前に絶対に値段を言わない業者に頼んだら…

「どうも最近、水道代が高い…」と思い、業者に調査してもらうことにしたAさん。
早速業者に電話して状況を説明します。

Aさん「水道代が以前は○円位だったのが、先月から○円に跳ね上がっているんですよ。」
業者「なるほど、配管のどこかが水漏れしているかもしれませんね。」
Aさん「直してもらえますか?」
業者「はい、お任せください。」
Aさん「で、いくらくらいかかるんですかね?」
業者「それは、状況を見てみないと、なんともねぇ…。」
Aさん「でも、だいたいの相場で、いくらぐらいなんですか?」
業者「う~ん…、簡単に終わる工事もあれば大変な工事もあるし、それによって、値段はだいぶ変わってくるんですよね~。」
Aさん「じゃあ、簡単ならいくらで、難しかったらいくらくらいなんですか?」
業者「それは、状況を見てみないと、なんともねぇ…。」
Aさん「…。」

Aさんが頼んだ業者は、いくら聞いても絶対に値段を言わないのです。
だいたいこれくらいという相場すら、教えてくれません。
Aさんは不審に思いながらも、仕事が忙しくて他の業者を探す暇などなかったため、その業者に工事を依頼しました。
そして、後日送られてきた請求書には、びっくりするような値段が書き込まれていたということです。

突然の水漏れ!大慌てで業者に頼んで、請求書を見たら…

いきなり洗面所の蛇口から水が勢いよく漏れ出して、大慌てで業者に電話したBさん。

業者は慌てた様子のBさんに「すぐに伺います!」と言い、Bさん宅に急行しました。
業者はてきぱきと水漏れの対処をしてくれて水漏れは止まり、Bさんは一安心です。
何せ、家が水浸しになるところだったのですから。
修羅場から救い出してくれた業者を信用しきってしまったBさんに、業者はこう言いました。
「どうやら蛇口の部品がだいぶ劣化しているようです。ついでですから、部品を取り換えますか?」
「普段なら、追加工事がいくらなのか見積もってもらうのに、この時は業者さんが、水漏れを止めてくれた恩人のように思えてしまって…。見積もりを出してもらうということが頭からすっぽり抜けていました。」と、Bさんは後になって語りました。

追加工事を含めた料金として、とんでもない額を請求されてしまったそうです。

「無料で水回りの診断をします」という業者に診断を頼んだら…

築30年の古い家に住んでいたCさん。
ある日、作業着を着た人が訪ねて来て「無料で水回りの診断をしますよ」というので、家に上げました。

その業者は蛇口や洗面所の下を見て回った後、キッチンになにやら浄水器の様なものを取り付け始めました。
不安になったCさんは、「これは何ですか?」と聞くと、「これは、水道水を体に良い水に変える浄水器です。
この家はかなり古く、錆びた水道管から出る水を飲み続けると、がんになる恐れがあります。それを防いでくれるんですよ。」と言うのです。

「そんなものを頼んだ覚えはない」と言っても後の祭りです。
「取り付けてしまったのだから、取り付け料と取り外し料を払ってください」と言うのです。

外してもらわないとどうしようもありませんから、使いもしない浄水器をただ付けて外すだけのための料金を払う羽目になったということです。


このような詐欺まがいの悪徳水道工事業者は、残念ながらいます。
そんな悪徳水道工事業者に騙されないように、みなさんは気を付けてください。