お風呂の水漏れ

お風呂水漏れがおこると、蛇口を閉めても水がポタポタ垂れるシャワーヘッドから水が漏れている貯めたお湯が時間が経つと減っている。などのトラブルになってしまいます。
ここでは、お風呂水漏れでよくあるトラブル〜その解消法を紹介しています。

お風呂の水漏れでよくあるトラブル

お風呂の水漏れには、蛇口やシャワーヘッドからの水漏れや浴槽からの水漏れなどがあります。
蛇口やシャワーヘッドからの水漏れの場合、多くは接合部分のナットの緩みやパッキンの破損によるものです。
浴槽からの水漏れは、排水口のゴム栓劣化や浴槽のヒビ割れによって引き起こされます。

また、集合住宅などでは、上の階の水漏れトラブルにより、お風呂の天井から水が漏れ落ちていたり、逆に、つまりを無理に解消しようとするなどして排水管を破損してしまい、階下に水漏れを起こしてしまうこともあります。

お風呂の水漏れトラブル事例
  • 蛇口からポタポタと水が垂れている。
  • 蛇口と壁の間から水が漏れている。
  • シャワーヘッドから水が漏れている。
  • 貯めたお湯が時間が経つと減っている。
  • 天井から水が漏れている。
お風呂の水漏れの主な原因 お風呂の水漏れの解消方法

お風呂の水漏れの主な原因

お風呂の水漏れトラブルの多くは、蛇口やシャワーヘッドからの水漏れや浴槽からの水漏れがほとんどです。
ごく稀に、突然階下の住人から「天井から水が漏れている。」などの苦情が入って調べてみると、排水管が破損していたという事もあります。

お風呂の水漏れを引き起こす要因

各接合部分のナットのゆるみ、パッキンの破損
蛇口やシャワーの水漏れの場合、そのほとんどが各接合部分のナットのゆるみや、パッキンの破損によって引き起こされます。
いずれも、ナットの締め直しやパッキンの交換などで解消されます。
浴槽の排水口のゴム栓や止水栓のパッキン劣化
排水口のゴム栓が経年劣化でヒビ割れを起こしたりしていませんか?また、最近よくあるプッシュ式の止水栓の場合なら、パッキンの劣化も考えられます。
浴槽のヒビ割れ
浴槽はFRP樹脂で出来ています。経年劣化で衝撃に弱くなります。
浴槽に重い物を落としたり、強い衝撃によってヒビ割れを引き起こします。
隠れた箇所の給水管や排水管の破損
突然階下の住人から「天井から水が漏れている。」などの苦情があった場合、最も多い原因がこちらです。
スグに業者に依頼して点検してもらいましょう。

お風呂の水漏れの解消方法

蛇口やシャワーヘッドまわりの水漏れの場合、接合部分のナットの緩みやパッキンの破損によるものがほとんどですから、それぞれ締め直したり、交換したりして解消できます。
「浴槽のヒビ割れ」や「隠れた箇所の給水管や排水管の破損」を、一般の方がご自身で修復することは非常に難しいものです。
状況をより悪化させてしまうことのないように、業者へ依頼する事をオススメします。

漏水補修テープでの応急処置
一般的なテープを巻く要領で簡単に貼ることが出来ます。
ポタポタ漏れ程度なら長期間このままでも耐用出来ますが、あくまで応急処置としてできるだけ早めに破損部位を交換しましょう。
浴槽の排水口のゴム栓や止水栓のパッキンの交換
ゴム栓や止水栓もホームセンターで手に入ります。
いずれも、直径に注意して、同じ大きさの物を購入してください。
隠れた箇所の場合は、業者に依頼しましょう
自分では破損箇所がわからない「階下への水漏れ」などは、スグに業者に連絡して診てもらうことをオススメします。