お風呂のつまり

お風呂つまりがおこると、浴槽の水が流れにくくなった排水口から水があふれてくる洗い場に水が溜まってしまうなどのトラブルになってしまいます。
ここでは、お風呂つまりでよくあるトラブル〜その解消法を紹介しています。

お風呂のつまりでよくあるトラブル

お風呂のつまりトラブルは、髪の毛や硬化した油脂、石鹸カス、水垢・湯垢などが、排水口や排水管をつまらせている可能性があります。
このような場合はご自身で解消することも容易ですが、面倒なのは固形物を排水口の奥、排水管で詰まらせてしまった場合です。
この場合、主に浴槽の下などを通っているお風呂の排水管から、固形物を回収するのはかなり大掛かりな作業となってしまいます。
業者に依頼するのが無難です。
普段から、固形物を流してしまわないよう注意しましょう。

お風呂のつまりトラブル事例
  • 浴槽の水が流れにくくなった
  • 排水するとゴボゴボ音がする
  • 排水口から水があふれてくる
  • 浴室内に異臭がする
  • 洗い場に水が溜まってしまう
お風呂のつまりの主な原因 お風呂のつまりの解消方法

お風呂のつまりの主な原因

お風呂の詰まりは、髪の毛や硬化した油脂、石鹸カスなどのいわゆる溜まった汚れによって引き起こされるものと、シャンプーボトルなどのキャップや剃刀の刃、入浴剤の袋、また、詰替え用のパックの切り取った部分等の固形物によって引き起こされるものに大別できます。

お風呂のつまりを引き起こす要因

髪の毛や硬化した油脂、石鹸カス、水垢・湯垢など
お風呂は、体の汚れを落とす場所ですから、その分様々な汚れが排水口や排水管に流れ込んでいきます。
そんな汚れを長い間放置していると、排水口や排水管を詰まらせてしまいます。
シャンプーボトルのキャップなどの固形物
昔から多かったのが、シャンプーボトルなどのキャップや剃刀の刃、ついで入浴剤の袋などでした。
最近では、シャンプーなどの詰替え用パック販売も一般的になり、そんな詰替え用のパックの切り取った部分なども多くなっています。
また、小さなお子様のおられる家庭なら、お風呂で遊ぶオモチャなどを流してしまうことも少なくありません。

お風呂のつまりの解消方法

髪の毛や硬化した油脂、石鹸カスなどのいわゆる溜まった汚れによって引き起こされた、お風呂のつまりは、汚れを取り除くことで解消できます。
厄介なのは、シャンプーボトルのキャップなどの固形物を流して詰まらせてしまった場合です。

通常、お風呂の排水管は浴槽の下を通っていますので、浴槽を取り外すなどの大掛かりな作業が必要になります。
業者に依頼することをオススメします。

市販のパイプクリーナーや、重曹とお酢でつまった汚れを溶かす
もっとも一般的なつまりの解消法です。
全て、近所のスーパーやドラッグストア、ホームセンターで簡単に手に入ります。
お風呂の汚れは皮脂や垢などの弱酸性の汚れと、石鹸カスや湯垢などのアルカリ性の汚れが混じっています。
重曹とお酢(クエン酸)の混合液も非常に高い効果を発揮します。